はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、かぼちゃを切ったら手も切りました。

姉から、かぼちゃを2個いただいていたのですが、小さいのは直ぐに食べましたが、大きいのは玄関に置いてありました。

そろそろ食べた方がいいなぁと思いまして、解体したのですが、硬くて大変でした。

もう少し熟すまで、置いておけばよかったです。

皮が硬くて、包丁が入らないのです。

 

かぼちゃに、包丁を突き刺すと、包丁が動かなくなりました。

引いたり、押したりして、少しずつ動かして、包丁を何とか抜きました。

かぼちゃを解体する前に、包丁を研いだのですが、もう一度、念入りに研ぎました。

その後、皮の表面を切るようにして、少しずつ、中に向かって、包丁を入れました。

包丁が動かなくならないように、気を付けてしました。

ヘタの方からしましたが、中の方まで包丁が入ると、下へ向かって切りました。

のこぎりのように、小刻みに動かすようにしました。

そうしないと、包丁が動かなくなってしまいます。

反対側も同じようにして、半分にすることができました。

 

かぼちゃの種と、わたを取り除きました。

前回は、種を叩いて、油で揚げてみましたが、私の歯では硬くて食べられませんでした。

種とわたをわけて、わただけ食べてみることにしました。

繊維がありますので、キッチンばさみで切って、小さくします。

そして、片栗粉をつけて、ごま油で焼いてみました。

何もつけずに食べてみると、苦いです!

ネットで、わたも食べられることを知り、食べてみましたが、食べなくてもよいと思いました。

 

種は、チラシの上にキッチンペーパーを敷いて干しました。

子どものころは、よく干したかぼちゃの種を食べました。

ネットでは、炒った方がよいみたいですが、その辺に置いておけば、そのうち乾燥するでしょう。

寒くてストーブをつけていますので、部屋は乾燥気味です。

 

かぼちゃを4分の1だけ、食べやすい大きさに切りました。

食べやすい大きさとは、一口から二口サイズです。

勝手に歯を削られる前は、大き目でも気にしませんでしたが、今は何でも小さ目に切っております。

煮えやすいよう薄めに切ろうとしたのですが、左手親指を少し切ってしまったので、血をなめながら、かぼちゃを切りましたので、かぼちゃを左手で押さえることができず、薄く切れませんでした。

なめているうちに、血は止まりました。

かぼちゃの解体には、十分お気をつけください。

 

かぼちゃ切り 指から血が出 なめていた かぼちゃ小さく 痛いと横に

 

ヤブ歯科に 通っているの 駐車場 私のように ならなきゃいいが