はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、車がヤブ歯科へ行かないように伝えてくれたかもしれません。

10月も中旬になると、本当に寒いです。

9月の下旬から霜が降りて、雨が降っていなくても、朝は車が濡れています。

特に、私の車は洗車もしていませんし、ワックスも切れていますので、びちょびちょです。

冬になる前に、洗車をしてワックスがけをしなくてはいけないなぁと思っております。

 

畑もしなくなりましたし、草取りはできなくなりましたので、時間はたっぷりあるはずなのですが、休みのときに、雨が降ったり、出かける用事があったりして、延び延びになっております。

基本的に、洗車は雨がしてくれるので、ほとんどしません。

洗車しても、すぐに汚れてしまいます。

ピカピカの車を見ると、手入れが行き届いていて、きれいだとは思いますが、私には真似することはできません。

 

勝手に歯を削られる前に、助手席の窓が勝手に開くことがありました。

エンジンをかけると、窓が開いてしまうのです。

閉めても、すぐに開いてしまって、閉めようとしても、窓が閉まらなくなりました。

その時は、あちらこちらへ買い物に行ったのですが、窓が閉まらないため、仕方がなく、助手席の窓が全開のまま、車を停めて買い物へ行きました。

車の中には、購入したばかりの玄米がありました。

盗まれるかもしれないと思いましたが、窓が閉まりませんので、仕方がありません。

スーパーから車に戻ると、玄米はそのままありました。

 

エンジンをかけて、助手席の窓を閉めますが、すぐに開いてしまいます。

仕方がなく、窓を開けたまま、家に帰りました。

その日は、土曜日でしたが、いつも行く整備工場はお休みです。

窓が閉まらないままの状態で雨が降ると、車の中が濡れてしまいますので、窓にビニールを貼っておかなくてはいけないかもしれません。

 

取りあえず、購入した物を家の中に入れようと思いました。

駐車場へ車を停めて、助手席の窓を閉めてみました。

窓が閉まっても、またすぐに開くと思ったのですが、開きませんでした。

窓が開かないうちに、急いでエンジンを切りました。

他の窓が開いているかもしれませんので、車から降りる前に、他の窓も確認しました。

降りてからも、全ての窓が閉まっていることを確認してから、キーレスエントリーのボタンを押して、鍵をかけました。

 

翌日の日曜日は、車を使いませんでした。

万が一、エンジンをかけた拍子に、窓が開いて、閉まらなくなっては大変だからです。

 

月曜日に、近所の自動車整備工場が開いていることを確認してから、恐る恐るエンジンをかけてみました。

どこの窓も開きませんでしたので、助手席のパワーウインドウのスイッチを入れて、窓を開け閉めしてみました。

特に、問題はありませんでした。

他の窓も同じようにして、もう一度、助手席の窓を開け閉めしてみました。

何も問題ありませんでした。

 

窓が閉まらなければ、自動車整備工場へ行くつもりでいたのですが、土曜日に窓が勝手に開いてしまって、閉まらなくなったのは、何故でしょう?

なんだか、キツネにつままれたような気持ちになりました。

何か、窓に引っかかってしまったのかもしれませんが、また、同じことがあるかもしれません。

 

私の車は年代物で、19年経過しております。

あちこちガタがきても、仕方がない車です。

しばらく、助手席の窓を気にしながら、車に乗り降りしましたが、その後も、一度も同じようになったことはありません。

 

車の窓のことを気にしなくなった1ヵ月後、営業先の歯科で、勝手に歯を削られてしまいました。

車が窓を開けて、気を付けるように伝えてくれたのでしょうか?

物には、魂が宿ると聞きますが、私の車もそうなのかなと思いました。

もし、そうならば、もっときちんと教えて欲しかったです!

営業先のヤブ歯科へ行った時に、窓が閉まらなくなるとかしてくれても、気づかないとは思いましたが。

 

フロントガラスとかに、書いて教えてくれるとよかったです。

『ヤブ歯科へは、営業だけにしておきなさい!』

『診察を受けたら、勝手に歯を削られてしまうよ!』

『食事や水分も取れなくなって、大変なことになるよ!』

『歯科医に指差しされて、激怒されるよ!』

『危険! 危険! 今すぐ、行くのは止めなさい!』

 

雨に、洗車を任せておいたので、教えたくても教えられなかったのかもしれません。

そろそろ、洗車するかなぁ。

 

我が車 長年乗って 付喪神 言いたいことは 教えてくれよ

 

好きなこと 神と歯科医は しているよ 診察室で 患者は祈る