はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、手話の勉強会へ参加して参りました。

昨日、手話の勉強会へ行って参りました。

初めてお会いする方がおられましたので、自己紹介から始まりました。

私の名前の表現は、いくつかあるのですが、以前、ろうの方に表現していただいて、好きなのにしたらよいと言われました。

見た目がしっくりきたので、それを選びました。

その表現をすると、ろうの方は、その手話を教えてくださった方でなくても、何もおしゃらないのですが、健聴者の方から、注意されることがあります。

ろうの方が、それで大丈夫と言ってくださっていても、健聴者から見ると、間違っているようです。

そういうことは、私の名前に限らず、時々あります。

 

私が初めて手話を学んだのは、本とテレビでした。

どちらも、ろうの方でしたので、これが正しいと思っていました。

方言のように、地域の手話があることも知っていましたが、覚えた手話表現すると、間違っていると言われて、驚きました。

辞典で調べると、私がした表現は載っていませんでしたが、間違っていると指摘された方がした表現も載っていませんでした。

インターネットとテレビでは、私がした表現をろうの方が何人かおられました。

しかし、ろうの方以外で、その表現をされている方は、見たことがありません。

 

その単語とは『生まれる』なのですが、お腹の前で手のひらを上にした両手のこぶしを開くのです。

お腹から新しく生命が誕生する様子だと、紹介されていました。

人によっては、両手のこぶしを、手のひらを下にした状態で、勢いよく開いていました。

 

辞書では、お腹の前に開いた両手の平を上にして、指先を向かい合わせにしたまま前に出す表現です。

これが一般的だと思います。

 

私の表現が間違っていると指摘された方は、お腹の前に両掌を10㎝くらいあけて上下に向かい合わせて、そのまま前へ出しています。

この表現は、ここの地域独自だと思います。

私は何回か引越をしておりますが、他の地域では見たことがありません。

 

ろうの方と手話が合わないことがあります。

「私はこう表現しているけれども、そういう表現もあるの?」

と尋ねられ、うろ覚えですので、慌てて聞き返しました。

「違いましたか? 間違っています?」

「わからない。そういう表現もあるかも。」

 

手話を言語としている、ろうの方は、様々な手話があることを知っておりますので、ご自身が使われている手話と違っても、強く言われたことがありません。

人にもよりますが、健聴者は、ご自分が使っている手話が正しいと思われているようで、強く注意してくださいます。

ご自身の手話に、自信を持っておられるのだと思います。

自信があるのは、悪いことではありませんが、その方は、ろうの方の手話を「わかりにくくて、手話がバラバラ」と言っていました。

そんな訳は、ありません。

ろうの方が使う手話と、健聴者が使う手話は別物です。

ろうの方は、健聴者に合わせて、手話表現してくださっております。

自分とは違う表現を認めない方が、どうかと思います。

 

今年の春に、10年加入していた手話サークルを辞めました。

昨日の勉強会へ行って、私がサークルを休むきっかけになった方とお会いしましたので、こんな内容になってしまいました。

本文の内容に出て来る方とは、別の方です。

手話サークルを辞めたのは、強制された訳ではなく私の意志です。

 

手話の勉強会、そのものは楽しかったですので、また参加したいです。

 

手話学び ろうとお話し たのしいな 障害者辞め 聴者サークル

 

患者の歯 好きに削って 金儲け 国も支援し 被害黙認