はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、連休中に営業をしました。

私は営業職ではありませんが、営業があります。

会社の面接を受けるときに、営業があることを知らされ、私には難しいことを伝えました。

営業したくなかったため、落ちればよいと思ったのですが、受かってしまいました。

私以外にも、受けた方がおられたのに、何故、受かってしまったのでしょう。

これも何かの縁なのだと思い、苦手な営業もかんばってしております。

たくさんの方の助けもあり、営業で賞をいただいたこともあります。

ありがたいことです。

 

営業をすると、露骨に嫌がられることもあります。

無理に勧めているつもりはないのですが、その方にとっては、営業そのものが嫌なのかもしれません。

購入されなくても、話しを聞いてくださるだけでも、ありがたいです。

忙しい時や相手にしたくない時は、、パンフレットだけでも受け取ってくださると助かります。

 

営業の大変さを知っておりますので、購入する気がなくても営業されたときは、なるべくお話は伺うことにしております。

興味はありますが、今はお金がないため、残念ですが購入できないことを伝えます。

 

私は、定期的に図書館から本を借りております。

大分、前の話ですが、司書さんから、おすすめの本の紹介をしていただけないかと、お願いされました。

お勧めの本とその理由をボードに書いて、書いたボードを手に持った写真を撮らせていただきたいと言われました。

写真は、図書館内に貼り出すそうです。

本をお勧めするのは構いませんが、写真は困ることを伝えたのですが、繰り返しお願いされました。

顔を隠して、私だとわからないようにしてくださるならば、よいことを伝えたのですが、それではダメで、顔写真と本名がわかるようにお願いしたいとのことでした。

それは出来ないことを何度も言っても、司書さんは繰り返し、お願いされました。

お客さんがみえたため、出来ないことを伝えて、半ば逃げるように去りました。

 

商品が思うように売れなくて、どうしようかと思っていました。

図書館へ行ったときに、その司書さんへパンフレットを差し出しました。

「申し訳ありませんが、受け取ってくださいませんか?」

パンフレットを見た司書さんは、嫌な顔をされました。

今更、引っ込めるのも変なので、謝罪しました。

「すみません。資源ごみにでも出してください。本当に申し訳ありません。」

頭を下げて、帰宅しました。

 

その後、図書館へ行くと、その司書さんだけではなく、もう一人の司書さんまで、私と目を合わさなくなりました。

今まで、にこやかに接してくださったのに、変わり様に戸惑いました。

自分たちの依頼には、相手に対してしつこく言ってもよいが、相手からのお願いは一切、受け付けないのでしょう。

一人は図書司書の資格をお持ちのようでしたが、二人ともプロではないと思いました。

興味のない営業を受けるのは、確かに嫌ですが、それで生活している人が多数います。

断るのは自由ですが、図書館利用者に対して、そういう態度はよくないと思いました。

 

そういう私は、どうなのかと考えました。

顧客を嫌な思いをさせましたので、プロではありませんね。

 

営業は、本当に大変です。

できれば、したくありません。

生活のために、嫌ですが営業をしております。

お願いですから、営業者に対しても、もう少し優しく接してください。

 

営業で 嫌な顔され 目をそらす 生活のため 頑張っている

 

営業で 歯がしみる言う 削られた 痛く噛めない 患者問題