はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、冬に19時間の停電を経験したことがあります。

私が生まれ育ったところでは、10月下旬に降った初雪が、そのまま春まで融けない根雪になったことがあります。

普通は10月下旬に、初雪が降っても、その雪は融けます。

雪が降って、融けるのを繰り返しながら、根雪になるのは、11月下旬が多いです。

 

その年は、いきなり大雪が降り、雪で電線が切断されてしまって、停電になりました。

10月ですから、除雪車の準備をしていなくて、切れた電線のところへ行けないために、停電が長引きました。

 

停電すると、使えない物がいくつもあります。

灯りはもちろんですが、電話を掛けることができても、ベルが鳴らないため、かかってきてもわかりません。

電気の使わない黒電話等は、普通に使えたそうです。

夜は、ロウソクをつけて過ごしました。

 

石油ストーブも、電気がないと使えません。

当時は、古い石油ストーブを使っていましたので、ストーブの蓋を開けて、上から火のついたマッチを落として、火をつけました。

電気が使えないので、あまり暖かくはなりませんでしたが、電池で火をつけるポータブルストーブもありましたので、ストーブの近くにいれば、暖かかったです。

他の家では、石油ストーブが使えなくて、隣の市までポータブルストーブを買いに行った方が大勢おられました。

家の中で、外にいるような格好で過ごしたそうです。

 

家では、地下水を電気ポンプで汲み上げて使っていました。

電気が使えませんから、公民館や私が勤めていた会社から水を貰いました。

 

ガソリンスタンドでは、ポンプでガソリンを汲んで、石油を運ぶタンク車に入れて、給油していたそうです。

ガソリンがないと、除雪できませんので、電気復旧のためになりました。

 

停電でも、仕事は休みになりませんでした。

印紙が少ししかないため、郵便局へ行きました。

お金を下ろすのは無理でも、印紙や切手くらいならば、売ってくださると思ったのです。

郵便局は、シャッターが閉まっていました。

お休みなのかなぁと思っていたら、横のドアから声をかけられました。

局員さんのお話では、シャッターは電動のため、開けられないとのことでした。

局員さんは、外へ配達に行くような恰好をしていました。

印紙は、無事に購入できました。

 

その時は、夜中に停電になって、夜に普及したと思います。

19時間でも、とても大変でした。

 

そして今、9月ですので、ストーブがそろっていないのもあるかもしれませんが、ホームセンターに、電気を使わない石油ストーブはありませんでした。

電気を使うストーブはありますので、売れてしまったのではないかと思います。

ポータブルガスストーブは、2台ありました。

 

以前は、私もポータブル石油ストーブを持っていたのですが、引っ越しをするときに処分しました。

現在、住んでいるところは、ポータブル石油ストーブは禁止なのです。

火災の心配がありますので、使ってはいけないのだと思います。

電気ストーブはよいのですが、電気ストーブだって、火災の心配がありますよね。

しかし、冬に44時間も停電になった場合、生死にかかわります。

死にたくないので、注文しました。

私みたいな方は、他にもおられると思います。

 

今日、スーパーへ行ってきましたが、棚の隙間がなくなってきました。

納豆だけは、1人2個までになっていましたが、豆腐と牛乳の個数制限はなくなりました。

パンもヨーグルトも、選んで購入できるようになりました。

カップラーメンもカセットガスボンベもありましたし、単2電池もありました。

段々と、元通りになってきて、うれしいです。

 

今日も朝方、揺れた気がして目が覚めたのですが、私の住んでいたところでは、地震観測されていませんでした。

震度1くらいだと思ったのですが、気のせいだったようです。

実際に、震度1の時、寝ていたのですが、目が覚めました。

少しの揺れでも、ビックリしてしまいます。

震源地に近い方は、尚更大変でしょうね。

 

地震遭い 少しの揺れに 驚いて 揺れてなくても 揺れた気がする

 

歯科被害 遭った方たち 多数いて 声を上げても 国知らんぷり