はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、地震の停電時間は44時間でした。

横になっていても、気になるのは、電気のことです。

天井の火災警報器を見ても、緑色のランプはついておりません。

眠くて、ベッドに入った訳ではなく、停電のために、することがないだけですので、全く眠れません。

いつ電気がつくのでしょうか?

 

うとうとしかけたところで、ハッと目が覚めました。

天井の火災警報器のランプが緑色になっています。

電気が復旧したようです。

時計を見ると午後11時でした。

6日の午前3時すぎからですので、約44時間も停電していました。

電気が来たことに、安心して寝ましたので、ぐっすり寝られました。

 

8日も、私の仕事は休みでした。

前日に、同僚から勤務日を代わって欲しいとメールがありましたが、連絡の取れない母のことも気になります。

そうメールしたかったのですが、電池量1しかありませんので、無視した形になってしまいました。

 

朝食用に、冷凍室からホタテを出しました。

前日は、解凍されていたのですが、半分、凍っていました。

中らないか、ちょっと心配しながら、バター炒めを作りました。

味噌汁は、畑から採ったインゲン豆だと思います。

 

あちらこちらにメールしました。

ほとんどの地域が、地震のあった6日の午後8時くらいに、電気が普及していました。

何故、私の住んでいる地域だけ、遅かったのでしょうか?

 

テレビをつけて見ると、地震で生き埋めになって、亡くなられている方がおられました。

避難されている方も、大勢おられるとのことでした。

 

同僚から、開いているスーパーのお知らせが、メールで届きました。

まだ、食べ物はありますので、買い物は明日でもよいかなと思いました。

同じ棟の方に、お会いしました。

これから買い物へ行くとのことでした。

 

ご飯を炊くようにしようかと思いましたが、解凍されてしまった魚を食べつくすことにしました。

お昼は、冷凍室からカレイを出して、焼いて食べました。

いつもは、こんなに魚はないのですが、母のところへ行く予定で、大量に購入してありました。

冷凍室に魚が大量にあったため、それが保冷材代わりになり、40時間以上の停電でも、食品は冷たいままでした。

 

携帯の充電をしながら、母にショートメールをしても、電話をしても連絡がつきませんでした。

無事だとは思いますが、連絡がつかないと心配です。

姉にメールをすると、明日、見に行ってくると返事がありました。

 

洗濯、アイロンがけ、掃除をしました。

パソコンを開き、一番にしたことは、会社からの一斉メールをパソコンのみで受け取るようにしました。

携帯の電池がないのに、次々とメールが届いて、本当に困りました。

数えてみると、全部で13通ありました。

読み返してみると、今後は断水するかもしれないため、水を汲んで置くようにとの指示もありました。

どうせならば、地域情報とかも送ってくださると、よかったです。

 

2日間も、パソコンのメールを確認しておりませんでしたので、大量にあるのではないかと思っていたのですが、あまりありませんでした。

あるアンケートサイトでは、北海道地域の方には、一時的に、メールを送らないようにしていますとありました。

それは、とてもありがたかったです。

人によっては、スマホや携帯で受け取っている方もおられますので、充電できないのに、無駄な電池を使いたくありません。

 

夕食は、シシャモを焼いて、ジャガイモの味噌汁と納豆を食べました。

冷蔵室に入れてあった納豆、味噌、梅干しは、常温になっていましたが、何ともありませんでした。

バターは、柔らかくなっていましたが、使えました。

冷凍室に入れてあったタラコは、すぐに解凍されてしまい、柔らかくなりましたが、塩漬けだからか、傷みませんでした。

 

その日は、久しぶりに、お風呂に入りました。

とても気持ちがよかったです。

 

ずーーっと あなたが来るの 待っていた とてもうれしい 電気普及

 

医療とは 患者主体で あるべきだ 主治医主体が ヤブ歯科増やす