はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、停電中に芋掘りをしました。

朝8時前に、メールがありました。

また、会社の一斉メールだと思いました。

見ると、旭川の姪からでした。

 

『こちらは、旭川にしては珍しい揺れを感じました。

電気は、昨日の夜普及しました。

とりあえず、通常通りの生活が出来ています。

そちらは、余震、大丈夫ですか?』

 

携帯の電池量が1しかありませんので、簡単に返信しました。

『大丈夫。停電中…』

 

旭川は6日に電気が来たのならば、こちらも、もうすぐ停電が解消されるはずです。

そう思うと、気分が軽くなりました。

 

電気の入っていない冷蔵庫の冷凍室から、解凍されているシャケ3切れを取り出して、ガスコンロで焼き、ジャガイモの味噌汁を作って、食べました。

ご飯は、ありませんが、それでお腹を満たしました。

ガスの火で焼いたシャケは、美味しかったです。

 

布巾を洗った後、下着とTシャツとショートパンツも手で洗いました。

洗うのはよいのですが、絞るのは大変です。

化繊の服は、絞っても滴がポタポタ落ちますので、ハンガーにかけてから、流しの上の棚に、ひっかけて干しました。

ブラは形がくずれますので、絞らずにハンガーにかけて、化繊の服の隣に干しました。

もうすぐ、電気が復旧するとは思いましたが、万が一のために洗いました。

 

窓から外を見ると、同じ棟の80代女性がいました。

私は慌てて外へ出ると、女性に声をかけました。

 

「おはようございます。」

「おはようございます。」

「お食事は、されていますか?」

「うん。あるものを食べているよ。」

「非常時ですので、畑にある物を食べても構いませんので、勝手に取ってくださいね。あまり、ありませんけれども。」

「いいの? どれ貰っていいの?」

「何か食べたい物がありますか?」

「イモ、もう掘ってもいいんじゃない。」

「イモですね。そろそろ掘らないといけないなぁと思いながら、掘ろうとすると雨が降りましたので、そのままにしてありました。」

 

女性が、イモを掘り始めました。

ジャガイモの茎を引っ張って、その部分の土を掘ると、小さなジャガイモが出てきました。

私は、Tシャツとキュロットスカートに、スニーカー姿でした。

 

「この格好では、何なので着替えてきます。」

 

部屋に戻って、長そでシャツにジーンズを履いて帽子を被り、袋と手袋、長靴を持って部屋を出ました。

物置から、大小2個のスコップを出して、畑へ向かいました。

一緒に、イモ掘りをしようと思っていたのですが、私が畑へ着く前に、女性は、何故か部屋へ戻ってしまいました。

 

畑には、女性が掘ったと思われるジャガイモがありました。

まだ、掘っていないところがありますので、スコップを使いながら、イモ掘りをしました。

大体、掘ったところで、女性が窓を開けて、こちらを見ていることに気がつきました。

私は、ビニール袋に、中くらいのジャガイモを20個入れて、女性に渡しました。

 

「小さいのばかりで、申し訳ありませんが、貰ってください。」

「いいの? こんなに貰ったらなくなってしまうよ。」

「まだありますから、大丈夫です。大きいのは、畑を借りていますので、Sさんにあげます。」

「Sさん?」

「はい。」

「ありがとう。」

「どういたしまして。」

 

私がイモ掘りに戻ると、女性は窓を閉めました。

全て掘ってから、もう一度、大きなスコップで掘ってみると、イモが出てくることもありました。

丹念にイモを掘り、土を落として、袋にいれました。

 

部屋に戻ってから、玄関に新聞紙を広げて、イモを干しました。

小指ほどのもありますが、大きなのを10個選んで袋に入れました。

メモと一緒に、Sさんのドアノブにかけてきました。

 

『〇号室の〇〇です。

お食事は、されていますか?

停電は、困りますね。

お借りしていた畑で採れたジャガイモです。

少なくて、申し訳ありませんが、貰ってください。』

 

残ったジャガイモは、丸一日、干してから、紙袋に入れました。

安売りならば、一袋150円くらいで、購入できそうな量しか残りませんでした。

種イモ代わりに、スーパーで購入したのは、500円くらいだと思います。

収穫したジャガイモは、それよりも大分小さいですので、600円くらいで購入できると思います。

楽しめましたので、収穫は二の次です。

 

イモ掘りは 宝さがしと 似ているね たどり着くまで ワクワクするよ

 

我が街の ヤブ歯科医師は 犯罪者 勝手に削り 傷害負わす