はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、停電中にロウソクの灯りで絵を描きました。

ロウソクの灯りで、手話の勉強をしましたが、続けていると飽きてきます。

絵を描いて遊びました。

何を描いたかと申しますと、勝手に歯を削られたことで、北海道歯科医師会へ相談したところ、考えられないご回答をいただきました。

 

『治療については、主治医の判断が最優先されます。』

 

それが当たり前ならば、それを知らない方がおられると思いますので、ポスター等でのお知らせや、北海道歯科医師会のHPに載せていただきたいとお願いしましたところ、とんちんかんな回答をいただきました。

 

『HPに、通常の歯科治療の際においての同意書を求める内容の掲載は、予定していない。』

 

私は、同意書を取ってから、治療をお願いしましたが、同意書のことをHPに載せていただきたいとお願いしておりません。

単に逃げるため、無理やりこじつけをして、回答をされたような気がしました。

 

北海道歯科医師会で、ポスターを作ってくれないのならば、私が作って広めてやる! と思ったのです。

でも、私は絵心が全くありません。

どうやって描けばよいのかもわかりませんでした。

停電になって、何もすることがありませんので、時間はたっぷりあります。

裏紙に描いてみたところ、意外と上手く描けました。

 

目の前には、ロウソクがありました。

それも描いてみようと思いました。

今度は、B5のコピー用紙に描いてみました。

これも意外と上手く描けました。

 

この記事を書くために、絵も一緒に載せようと思いまして、スキャンしてみたのですが、シャープペンシルで描きましたので、薄すぎで無理でした。

今、改めて見ますと、小学3年生の絵の方が、上手だと思いました。

絵が薄くて、よかったです。

危ないところでした。

機会がありましたら、公開したいと思います。

 

停電時 描いた絵上手く 描けていた 光の下で その絵は変化

 

削られる 前まで上手く お付き合い 症状言うと 歯科医豹変

 

勝手に歯を削られる前は、その歯科で営業をさせていただいておりました。

他の方にして欲しくありませんでしたので、お伝えしたところ指差しして激怒されました。

その後は、その歯科へ営業にも行っておりません。

他の歯科へも怖くて、行けずにいます。