はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、街路樹のところは虫がすごいです。

道路の草刈りは、年に1~2度、行政が機械でしてくれますが、すぐに伸びて、草ぼうぼうです。

街路樹の下に、個人宅や商店、老人クラブ、町内会で花を植えているところもあります。

私は住宅周りの草取りをしておりますが、行政がしてくれるところまで、する気はありませんが、気になっておりました。

先日、同じ集合住宅に住んでいる方から、こう言われました。

 

「街路樹の下も、きれいにしたいね。」

 

それって、私にきれいにしてということではないかと思いました。

休みでしたし、雨が降った後でしたので、抜きやすいのではないかと思い、草取りをしました。

街路樹の下は、6月か7月に刈ってくれたような気がしますが、草の背丈が1m超えております。

草花ですが、マーガレットのような白い花は、かわいいです。

全て、抜いてしまいました。

葉だけの草は大きく育っており、根が深く、引っ張っても、抜けませんので、スコップで掘って取りました。

この時に、小さなスコップを壊しましたので、大きな剣先スコップで掘りました。

根っこに、土がいっぱいついてきて重くて、土をほろう(はらう。北海道弁?)のが大変でした。

 

それに、虫がうじゃうじゃいました。

茶色の蟻、ワラジムシが、草を取るたびに湧き出てきました。

草の根についていましたので、草は歩道の上に置いて、虫がいなくなるのを待ちました。

 

ついてに、歩道と道路の間の草も取り除きました。

取れないのは、気にしないで、取れるところだけ、取りました。

 

草を取るのはよいのですが、草の捨て場所に困りました。

街路樹の下に置いたままだと、見栄えが悪いため、移動しましたが、まだ土がついていて重く、しかも、たくさんあって大変でした。

草の移動の際、履いていた長靴の中に、土が入りました。

その土も濡れていますから、着ていた服は泥だらけです。

住宅近くの道路は、とてもきれいになりました。

 

草取りを 黙々すれば 無の境地 虫からすれば 住まい壊され

 

健康歯 黙って削り 脅しつけ 金さえ得れば 歯科は成り立つ