はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、推進員の方からメールで見たと言われたから。

「私の伝え方が悪かったのではないかと思いまして、営業先ですので、謝罪のお手紙を差し上げました。

何か出来事があった場合、片方のみ悪いことは少ないです。

私の伝え方が悪くて、こうなってしまったのかもしれません。

営業先でもありますし、謝罪していただければ、それで終わりにしようと思っていました。

いつもはメールでご注文いただいているのですが、その後は注文もありませんし、手紙の返事もありませんでした。

 

他の歯科へ1ヵ月以上通院して、しみ止めをつけてもらいましたが、歯科へ通院していること自体が怖くて、通院するのを止めました。

歯がしみなくなった訳ではありませんが、シュミテクトを歯に直接塗ると、しみ止めよりは効きませんが、同じ効果があります。

今も、歯がしみて、痛みがあり、食事や水分を取るのに苦労しております。

食べられなくなったため、太る心配はなくなりました。

 

治療にならないことに、医療費を使いましたので、北海道厚生局へお手紙を差し上げましたところ、診察内容については、保健所で相談できますと、回答をいただきました。

それで、保健所へ相談しましたところ、医療費については、北海道厚生局へ相談できますと回答をいただきました。

保健所を通して、歯科医から『患者さまには充分な説明をしてから、治療している』ことと、『治療内容について説明をお聞きしたいのであれば、来院いただければ対応します。』との回答をいただきました。

保健所では、当事者間の話し合いを勧められましたが、怖くて行けずにいます。

警察へも相談しましたが、被害届は受理されませんでした。

その後、日本歯科医師会と名前を忘れましたが障害者団体と、歯科医師国会議員の方へもお手紙を書きましたが、返事はありませんでした。

北海道歯科医師会へお手紙を差し上げると、『治療については、主治医の判断が最優先されます』と回答をいただきました。」

 

ここまで話をしたところで、推進員の方がこう言われました。

 

『ありましたね。主治医の判断が優先されるとメールで見ました。』

 

見たのならば、説明不要なのではないかと思いましたが、その後も説明を続けました。