はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、歯科医に何かされるよりも、被害者に何かされる方が嫌だから。

口コミでは限度を感じたため、ネットで広めようとしましたが、知人から止められました。

理由は、そのことを知った歯科医が逆切れして、私の身に何かあるかもしれないとのことでした。

勝手に歯を削って、これからは治療前に説明して欲しいことを伝えると、指差しして激怒したくらいですので……。

 

何をするかわからない!

刺されるかもしれないよ!

何かあったら、嫌だから止めて!

 

私のことを考えて、言ってくださっているのは、とても嬉しかったですし、感謝しています。

しかし、私が黙っていることで、被害を受けた方から、私が広めなかったせいで、こうなったと言われる恐れもあります。

実際、歯科は、とても混んでいたのに、急に患者数が減りましたので、何かあったのは間違いないと思います。

その方が広めてくれたら、私はこうならなかったのにと思ってしまいます。

歯科医から何かされるよりも、被害を受けた方から、何かされる方がキツイです。

知人に、そのことを伝え、ネットで広めることに同意していただきました。

 

訴えられることだけ考えていましたが、確かに殺されたりする恐れもあります。

上手く死んでしまえばよいですが、中途半端に生き残ってしまうと、後が大変です。

それで、何かあった場合は、延命治療をしないで、尊厳死したいと思いました。

ネットで調べて、尊厳死宣言書を印刷して、氏名等を記入して、外出するときは持ち歩いています。

 

本当は、弁護士や行政書士などにお願いして、公式のものを作成すればよいのですが、お金がかかります。

私が意識不明になり、弁護士等が、そのことを知らないということもあり得ると思い、それならば意味がないと思いました。

身内の者に、作成したことを伝えるのならば、公式のものでなくても、効果は同じです。

弁護士に依頼して作成しても、尊厳死することを医師が拒否される場合もあるようです。

 

尊厳死宣言書のひな形は、ネットにたくさんありました。

私は、シンプルなのを選びました。

かたぐるしい文面なので、自分の言葉に直したいと思いつつ、そのままにしてあります。

健康保険者証やカードなどを入れているケースの中に入れて、持ち歩いております。

身内の者に、伝えておくべきなのでしょうが、伝えておりません。

病院で保険証を使う時に、気がついてくれるとよいです。

 

宣言で 準備万端 尊厳死