はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、口コミサイトに投稿したから。

私のように、歯科で被害に遭っている方が、大勢おられることをネットで知りました。

泣き寝入りするのではなく、被害が出ないように対策をする必要があります。

口コミで広めていますが、歯科の駐車場に車が停まっているのを見ると、私の広め方が足りないのだと思います。

 

ネットで、広めようと思いました。

調べてみると、歯科の口コミサイトがたくさんあります。

30くらいの口コミサイトを見て、悪い口コミが載っているかどうかを確認しました。

よい口コミだけしか掲載されていないのは、その歯科に対する広告ですから、私の体験を載せてはくれないでしょう。

サイトによっては、口コミが載るとポイントになり、ポイントをためてギフト券が貰えるようになっているのもありました。

悪い口コミも載っているのを確認してから、10以上のサイトに口コミを書きました。

悪い口コミは、歯科名を載せないのもありましたが、一応、投稿しました。

 

投稿するには、注意事項もあり、きちんと読んでからしました。

多くのサイトは、誹謗中傷の禁止とありました。

誹謗とは、根拠のない悪口で他人を誹り、名誉を汚し、貶めること。

中傷とは、根拠のない嫌がらせや悪口などを言うこと。

誹謗中傷とは、根拠のない悪口や嫌がらせで、他人の名誉を汚すこととです。

本当のことですので、誹謗中傷にはあたりません。

(参考サイト『誹謗中傷対策の手引き』http://www.yonewoodcraft.com/20/post-8.html

 

他には、口コミを投稿したことで争いが生じた場合は、当サイトでは関知しません。

当事者間で、話し合いをしてくださいみたいな内容がありました。

口コミサイトが悪いわけではありませんので、投稿した本人が責任を持つのは当たり前です。

 

物凄く考えて、投稿しました。

会員登録制のもあり、登録したのに、私の口コミは載らなかったところもあります。

あまりにも酷い内容ですので、歯科から何か言って来られて、もめたくないのだと思います。

 

管理者不在で、書き放題の医療サイトもありました。

そこには管理板もあり、そのサイトを見た人が、苦情を書いていました。

すると、それを読んだ方が、返事を書いていました。

 

「不愉快なサイトだ! 直接、言えばいいのに! 管理人もいないのか、ほったらかしだし。」

「医師に何度も直接言いました。どうにもしてくれなかったから、ここに書きました。」

「それにしても、病院名をさらしておいて、本人は仮名か!」

「命がかかっているのですから、当然です。」

 

そのサイトは、歯科だけではなく、病院の口コミも書かれていました。

口コミを書かれた方は、病院と何かあったのだと思います。

それをご覧になった方が、不快になる気持ちもわからなくはありませんが、今まで医療機関とトラブルがなかった幸せな方です。

不快になるならば、見なければいいのです。

同じように、私のブログをご覧になって、不快になられた方は、見ないでください。

 

自分が投稿した内容が、口コミサイトに載ると、少しだけ嬉しかったです。

投稿して、その場ですぐに載るのよりも、サイト側で確認してから載せていただくと、私のことを信じていただけたような気持になりました。

国の機関へ相談しても、歯科医の言い分を聞くだけで終りましたので、やっと理解してくれたような気がしたのです。

この口コミを見て、勝手に削る歯科へ行く人が減るとよいなと思いました。

 

しかし、口コミサイトに載っても、嬉しいのは一瞬です。

常に歯が気になっていますので、スッキリはしませんでした。

 

口コミの内容から、誰が投稿したのか、わかる場合があります。

私は訴えられても構わないと思って、投稿しましたが、これから口コミサイトへ投稿しようと思われている方は、よく考えてなさってください。

 

口コミも 責任持って してほしい