はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、歯科探しをしなくてはいけなくなったから。

衛生士さんが、私にメモを見せてくれました。

 

『しみ止めをつけます。』

「はい。ここからここまでの歯の裏側と、ここの歯は表面もお願いします。」

「わかりました。」

 

上唇と歯茎の間に、脱脂綿が詰められました。

衛生士さんが、私の前で軽くうなずいたため、口を開けました。

削られた歯に、しみ止めを塗ってくださいました。

 

「椅子を起こします。」

「はい。」

「口をゆすいでください。」

「はい。」

 

口をゆすいで待っていると、いつものように先生が来られました。

 

「今回で治療は終わりですが、何かありましたら、いつでもいらしてください。」

「はい。私に説明するのは、大変だったと思います。大変お世話になりました。ありがとうございました。」

「いえ。お大事に。」

「ありがとうございます。」

 

先生が去って行かれました。

エプロンを外してくださった衛生士さんにも、お礼を伝えました。

 

「いつも丁寧に書いて説明してくださって、ありがとうございました。面倒くさいことをさせてしまいました。」

「いえいえ。」

「大変お世話になりました。お元気でお仕事をなさってください。」

「ありがとうございます。○○さんも、お元気でお過ごしください。」

「はい。ありがとうございます。」

「お大事になさってください。」

「はい。ありがとうございます。」

 

荷物を持って、待合室へ行きました。

少し待っていると、受付の方が合図をしてくださいました。

受付へ行くと、診察券を渡されながら、こう言われました。

 

「お大事になさってください。」

「はい。ありがとうございます。お世話になりました。」

 

頭を下げて、診察券を受け取ると、身支度をして、歯科を出ました。

 

これで歯科へ行かなくてもよいと思うと、ホッとしました。

しかし、削られた歯が治った訳ではありませんので、新たに歯科を探さなくてはならないと思いました。