はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、レーザー治療を勧められたから。

『しみ止めをつけます。しみる歯を教えてください。』

「ここから、ここまでの歯の裏側です。ここの重なっている歯は、表側もお願いします。」

「ここから、ここまですね。」

「はい。お願いします。」

「わかりました。椅子を倒します。」

「はい。」

 

椅子が倒され、上唇と歯茎の間に脱脂綿が詰められました。

削られた歯に、しみ止めをつけていただきました。

薬が歯に浸透するためなのか、しばらく、そのままでいました。

そして、衛生士さんは、水の出る機械で脱脂綿を濡らしてから、脱脂綿を取り除いてくださいました。

 

「椅子を起こします。」

「はい。」

「口をゆすいでください。」

「はい。」

 

口をゆすいで、そのまま待っていると先生が来られました。

 

「レントゲンでは何ともありませんので、まだ、しみるようでしたら、レーザー治療もあります。」

「レーザー治療は、効くかどうかは、してみなければ、わからないのですよね?」

「そうです。何回か当てているうちに、しみなくなるかもしれません。」

「それならば、しみ止めでもよいような気がします。しみ止めをつけていただいた直後は、しみなくなります。」

「レーザー治療もありますので、また、いらしてください。」

「はい。ありがとうございました。」

「お大事に。」

 

先生が去って行かれました。

エプロンを外してくださった衛生士さんに声をかけました。

 

「しみ止めよりも、レーザー治療の方が効くのでしょうか?」

『してみなければわかりませんので、何とも言えません。』

「私は、しみ止めでよいような気がするのですが、しみ止めは長く続けても大丈夫とのことでしたよね?」

『継続使用しても、問題ありません。』

「つけた直後はしみなくなりますので、しみ止めをつけていただきに、通いたいと思っています。」

『先生は、レーザー治療もあると言っていますので、試してみるものよいかもしれません。』

「そうですね。しみ止めを続けても、しみるようなら考えてみます。書くのは面倒でしょうに、いつも丁寧に説明してくださって、ありがとうございます。」

「いいえ。」

「また、よろしくお願いします。」

「お大事になさってください。」

 

衛生士さんに頭を下げて、荷物を持って診察室を出ました。

待合室で待っていると、衛生士さんが、受付の方にカルテを渡して何か言っています。

受付の方が、うなずいていました。

衛生士さんが、いなくなりました。

少し経って、受付の方が私に、合図してくださいました。

受付へ行くと、次の予約が書かれている診察券を見せられました。

 

『4月6日(木)16:00』

「はい。大丈夫です。」

 

私は、診察券を受け取りました。

 

「お大事になさってください。」

「ありがとうございます。」

 

私は、受付の方へお礼を言って、歯科を出ました。