はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、しみ止めを続けることに危険を感じたから。

『しみ止めをつけるところを教えてください。』

「ここから、ここまでの歯の裏側です。ここの歯の重なっている部分は、前側が削られています。手前の歯は、根本が削られていますので、ここにもお願いします。今、話をしてもスースーしますので、どこがしみているのか、よくわかりませんが。」

 

しみる歯を指差しながら、具体的に知らせました。

 

「わかりました。」

「あのう・・・・・・。しみ止めは、長く続けても大丈夫なのでしょうか? つけ続けると、歯や体に影響はありませんか?」

『長く続けても、大丈夫です。』

「よかったです。まだ、しみますので、当分の間、通わなくてはいけないと思います。」

『すごくしみるようでしたら、レーザーを当てるとよいと思います。』

「すごくとは、どのくらいでしょうか?」

「うっ! っとなるくらいです。」

 

衛生士さんは、ご自分のほほを押さえるしぐさをされました。

 

「そこまでは、しみません。では、しみ止めで大丈夫ですね。」

『そうですね。しみ止めで効かないようでしたら、レーザー治療がありますので、試してみるのもよいかもしれません。』

「わかりました。教えてくださって、ありがとうございます。」

「いいえ。では、椅子を倒します。」

「はい。」

 

椅子が倒されました、

 

「失礼します。」

 

歯と歯茎の間に、脱脂綿がつめられました。

しみ止めがつけやすいように、口を大きく開けました。

衛生士さんが丁寧に、しみ止めをつけてくださいました。

特に、歯が重なっている部分は、繰り返しつけていただきました。

 

『そのままでお待ちください。』

「はい。」

 

脱脂綿が詰められているため、口が半開きのまま、歯にしみ止めが浸透するのを待ちました。

 

「失礼します。」

 

衛生士さんは、水の出る機械で、脱脂綿をしめらせてから取り除きました。

 

「椅子を起こします。」

「はい。」

「口をゆすいでください。」

「はい。」

 

私は、口をゆすぎました。