はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、下の歯のクリーニングをしたから。

『下の歯のクリーニングをします。その後、しみ止めをつけます。』

「はい。」

『この器具でクリーニングしますが、痛いときは、すぐに左手を上げてください。』

「はい。左手ですね。」

「椅子を倒します。」

「はい。」

 

椅子が倒され、下の歯の奥歯から、クリーニングをしていただきました。

私はお茶やコーヒーが好きなので、歯が着色しています。

その部分も、器械で磨かれ、振動がすごく感じました。

ちょっと嫌な感じはしましたが、痛くはなかったので、手を上げませんでした。

 

「椅子を起こします。」

「はい。」

「口をゆすいでください。」

「はい。」

 

クリーニングが終わりましたので、次は、しみ止めです。

 

「椅子を倒します。」

「はい。」

『しみる歯を教えてください。』

「ここから、ここまでの前歯裏側です。」

「わかりました。」

 

上の歯と歯茎の間に、脱脂綿を入れて、しみ止めをつけてくださいました。

薬が歯に浸透するのを待つためか、少しそのままでいました。

その後、脱脂綿が取り除かれました。

 

「椅子を起こします。」

「はい。」

「口をゆすいでください。」

「はい。」

 

口をゆすいた後、そばにあったボックスティシュペーパーを手に取り、口元を押さえました。

知らない間に、衛生士さんがいなくなっていました。

先生を呼びに行ってくださったようです。

 

「しばらくは、しみ止めをつけて、様子を見ていきましょう。」

「はい。」

「それでも、しみるようでしたら、レーザーをするとよいと思います。」

「レーザーならば、しみなくなりますか?」

「すぐに効果はありません。何回も続けて、段々と効果があります。」

「すぐには効かないのですね。」

「はい。繰り返ししていると、効果が出てきます。」

「すぐに、しみなくなるとよいのですが。」

「すぐには、効きません。」

「そうですよね……。」

「次回は、上の歯のクリーニングをします。」

「はい。」

「お大事にしてください。」

「はい。ありがとうございました。」

 

衛生士さんにも、お礼を言って、診察室を出ました。

次回の予約をして、歯科を出ました。