はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、しみ止めをつけても歯がしみるから。

診察室へ続くドアが開き、歯科衛生士さんが私に合図されました。

私は、衛生士さんに続いて、廊下を歩きました。

診察室にもモニター代わりの薄型テレビがあり、待合室と同じチャンネルに合わせてありました。

ぼんやりモニターを見ていると、先生が来られました。

 

「こんにちは。」

「こんにちは。」

 

 先生は、私が受付でお渡ししたメモをご覧になりました。

 

聴覚障害者の○○です。

前回、前歯の詰め物を取り替えていただきましたが、よい感じです。

 

削れられた歯は、しみ止めをつけていただいた直後は、よいのですが、熱いものにも、冷たいものにもしみて、人肌のものしか口にできません。

何か食べると、歯がジンジンしますが、少し噛めるようになりました。

 

今も、前歯がスースーして、話をするのが苦痛です。

歯の痛みと無関係かもしれませんが、削られてから頭痛が続いているのも気になっています。

 

今日も、上の前歯左2番目と、右2番目と3番目にしみ止めのお薬をつけてください。

よろしくお願いします。』

 

「まだ、歯がしみますか。」

「はい。」

「レントゲンでは、何ともないのですけれどね。」

 

先生は、モニターのレントゲン写真をじっくりと、ご覧になっていました。

 

「今日も、しみ止めをつけましょう。」

「はい。お願いします。」

「あまり効果がないようでしたら、レーザー治療もあります。」

「レーザーですか?」

「レーザーを当てると、しみなくなるかもしれません。今日は、しみ止めでよいと思います。」

「はい。お願いします。」

「今日は、歯肉のチェックと下の歯のクリーニングもしますね。」

「はい。お願いします。」

「では。」

「ありがとうございました。」

 

先生の診察が終わりました。