はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、謝罪のお手紙を書いたから。

歯科へは、定期的に営業へ行っていましたが、怖くて行けそうにありません。

それに私が伺っても、商品を購入してくださらないでしょう。

私のせいで、商品を購入していただけなる可能性もあります。

歯科に、謝罪のお手紙を書くことにしました。

本当は書きたくありませんでしたが、社会人としては、当然のことなのかもしれません。

以下のような手紙を書きました。

 

『いつも大変お世話になっております。

 

先日は、大変失礼な文書をお渡ししてしまい、申し訳ありませんでした。

どうして、あんな文書を渡してしまったのかと、とても後悔しております。

患者さんたちを1時間もお待たせして、院長先生をはじめ、スタップの方たちにも大変迷惑をかけてしまいました。

私ならば、そんな文書を受け取ったら診察室に入れないと思います。

長時間居座って、診察の邪魔をしてしまいました。

それなのに、歯がしみないお薬をつけてくださいまして、ありがとうございました。

つけていただいたお薬のおかげさまで、食べ物が少し噛めるようになりました。

 

どうして、こんなことをしてしまったのかを考えてみました。

歯の不調から、イライラをぶつけてしまいました。

すぐに他の歯科医院へかかることも考えたのですが、院長先生やスタップの方を信頼していましたので、2~3日でよくなると信じて我慢していました。

しかし、よくなる気配はありませんでした。

他の患者さんにして欲しくありませんでしたので、お伝えすることに決めました。

口頭では、冷静にお伝えする自信がありませんでしたし、診察室におられる患者さんに嫌な思いをさせたくありません。

それで文書にさせていただいたのですが、とんでもないものをお渡ししてしまいました。本当に申し訳ありません。

 

ご指摘のとおり、私が過剰反応過ぎて、普通ではないのでしょう。

歯がしみるのは、精神的なものもあるのかもしれません。

他の患者さんは歯を削られても、しみたことはないようでしたので、私もそのうちに治ると思います。

しみ止めを塗っていただいたおかげで、少しよくなりましたが、まだ熱いものにも、つめたいものにもしみます。

歯とは関係ないと思いますが、頭痛が続いているのも気になっております。

シュミテクトを使い終わるころには、治っていると嬉しいです。

 

営業では、大変お世話になりました。

私たち非正規職員は6ヵ月雇用なのですが、雇用を更新されない人もいました。

それは、営業成績だけが原因ではないかもしれませんが、あまり成績のよくない方でした。

貴院のおかげで、雇用を継続させていただき感謝しております。

厚かましいお願いですが、今後も私から購入してくださると、とても嬉しいです。

お嫌でしたら、他の職員へ声をかけて、購入されるのもよいかもしれません。

お電話での注文も承っておりますので、今後も、弊社のご利用をよろしくお願い致します。

 

本来ならば直接、謝罪するべきですが、まだ調子も悪く、上手く伝えられそうにありませんので、失礼とは思いましたが、お手紙にさせていただきました。

また、失礼なことを書いていないかと、とても心配です。

失礼なことを書いていましたら、本当に申し訳ありません。

 

末筆ながら、院長先生とスタッフの方の益々のご活躍をお祈りしております。

まだまだ、寒さが続きますので、お身体をいたわって、お健やかにお過ごしください。

最後まで、読んでくださって、ありがとうございました。

 

               2017年2月19日 

 

歯科名

 院長先生

 スタッフの方へ

 

                    私の姓名』

 

書いた後、どうしてここまで、へりくだらなくてはいけないのかと思いました。

営業をしていると、人格はないと思いました。