はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、尻餅をついたから。

少しして奥さまと一緒に、トレイを持った歯科衛生士さんが来られました。

奥さまは、衛生士さんに指示して、去って行かれました。

衛生士さんが、私の方を向かれたので、私から挨拶しました。

 

「こんにちは。」

「こんにちは。」

 

挨拶してから、外はすっかり暗くなっていましたので、こんばんは。だと思いました。

 

「しみ止めをつけるのですね? どの歯でしょうか? 鏡を見ながらつけて欲しいところを教えてください。」

 

衛生士さんから、白い手鏡を渡されました。

私は、鏡を見ながら、削られた上の前歯6本を指しました。

 

「ここから、ここまでの歯の裏側です。」

「わかりました。」

 

手鏡をお返しすると、衛生士さんが声をかけられました。

 

「椅子を倒します。」

「はい。」

 

衛生士さんが、ライトをつけました。

明かりが目に入って、まぶしいです。

目を開けていられないので、自分でライトを調整しました。

 

「これから、脱脂綿を詰めます。」

「はい。」

「失礼します。」

 

衛生士さんは、私の口と歯茎の間に脱脂綿を入れてくれました。

上の前歯だけですので、そこまでしなくてもよいのではないかと思うくらい、とても念入りに詰めてくださいました。

 

「これから、しみ止めをつけます。」

「はい。」

 

衛生士さんが前歯に、しみ止めをつけてくださいました。

少し経ってから、水の出る機械で、脱脂綿を濡らして、取り除いてくださいました。

 

「椅子を起こします。」

「はい。」

「お口をゆすいでください。」

「はい。」

 

口をゆすぐと、衛生士さんがエプロンを外してくださいました。

 

「待合室で、お待ちください。」

「はい。ありがとうございました。」

 

衛生士さんは、すぐに私から離れました。

 

私の足は、まだ感覚が戻っていませんでした。

立てるかどうかわかりませんでしたが、ゆっくりと椅子から降りました。

尻餅をつきました。

足に、力が入らなかったのです。

しばらく、そのままにして、ゆっくりと立ちあがりました。

診察台の椅子に、手をかけて、診察室内を見渡しました。

院長先生と奥さんに、お礼を伝えようと思ったのです。

診察室には、明かりがこうこうとついているだけで、私しかいません。

荷物を置いてあるカゴまで、様子を見ながら歩きました。

何とか歩けましたので、荷物を持って、待合室へ行きました。

 

ダウンコートを着て、受付横の椅子に座って待っていると、衛生士さんが来られました。

衛生士さんは、口を真一文字に結び、両手で診察券を差し出しました。

 

「ありがとうございます。」

「・・・・・・。」

 

私が、お礼を言いながら受け取ると、いつもならば、笑顔で見送ってくださいますが、踵を返して、去って行かれました。

私は、衛生士さんの後姿を見送りました。

時計を見ると、午後8時半前でした。