はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、失礼のないようにしなくてはいけないと思ったから。

2017年2月7日、火曜日。

 

仕事が終わってから、急いで家に帰り、歯を磨いて、歯科医院へ行きました。

予約時間は16時30分ですが、16時には着きました。

待合室には一人、男性がいました。

玄関に靴が2足ありましたので、診察室にもおられるようです。

 

削られた歯が痛くて、これは抜かなくてはいけないかもしれないと思いました。

以前、通院した時に、内側に生えている歯なので、抜歯を勧められたのを断りました。

痛いなんて言ったら、間違いなく抜かれると思います。

なるべく歯は、抜きたくありません。

 

本当は、診察を受けたくないのですが、営業させていただいておりますので、歯科医院の経営のためになるのなら、やむを得ないと思っています。

仕事のために、失礼のないようにしなくてはいけません。

 

診察室のドアが開き、男性が呼ばれて行きました。

私は、早く来すぎてしまいましたので、もう少し待つ必要があります。

 

診察室側の壁に、私が立ち上がったときの視線の高さほどの木製の本棚があります。

表紙がこちらを向いていて、新聞、雑誌、雑学の本や、子供向けの本などもありました。

 

 

『決定版! どんどん目がよくなるマジカル・アイ』

私も同じのを持っていますが、目の運動によく、視力はよくなりませんが、目がスッキリします。

 

『おかんメール』

私は、おかんメールを手に取り、椅子に座って読みました。

お母さんからのメールが、とても面白かったです。