はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、食べ物が歯にはさまりやすいから。

「あちらでお待ちください。」

「ありがとうございます。」

 

治療が終わったので、診察台から降り、荷物を持って、待合室のドアを開けました。

入り口のところで、履いていたスリッパを脱いで、スリッパラックに入れます。

診察室内と、スリッパを脱ぐところはフローリングになっていますが、待合室はベージュの絨毯が敷かれています。

誰もいない待合室を靴下で歩いて、椅子に座りました。

 

削られてしまった……。

削られたくなかったのに……。

 

左上の真ん中から2番目の歯は、内側に生えていて、食べ物が歯に、はさまりやすいので、歯磨きは丁寧にしています。

以前、通院した時も、院長先生から、きれいに歯を磨けていることを褒められました。

この歯を7年前に通院した時は、抜くことを勧められたので、院長先生から見ますと、不要な歯であるのかもしれません。

 

削られた歯を舌でなぞるとザラザラします。

丸みを帯びた歯でしたが、とがった感じになりました。

舌で歯をゆっくり触っているときはよいですが、急に触れたときに、歯の先で舌が傷つくのではないかと、心配になるくらいです。

舌が歯に引っかかるような感じもして、とても嫌です。

 

2番目の前側と、一番目と3番目の内側の根本も、ザラザラしますので、削られてしまったようです。

歯が痛いような感じがするのは、気のせいでしょうか?