はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、営業で歯科へ行っただけなのにさ。

2017年1月26日、木曜日。

 

天気がよいので、仕事が終わってから営業に行きました。

私は非正規職員で、6時間勤務のため、早く帰宅できます。

 

いつも営業させていただいている市内の歯科へ行きました。

靴が1足あり、患者さんは診察室へ入っておられるようでした。

待合室には誰もいませんでしたが、椅子に座って待っていると、受付から歯科助手で、歯科医の奥さんが声をかけてくださいました。

 

「こんにちは~。」

「こんにちは。よろしくお願いします。」

 

私は受付へ小走りで行き、チラシをお渡しすると、奥さんは棚の扉を開けて、確認してから、メモ用紙に書いて渡してくれました。

メモには、商品名と個数が書かれています。

 

「いつでもいいです。」

「いつもありがとうございます。」

 

笑顔でお礼を言ったあとで、疑問に思っていることを伝えました。

 

「歯がしみる感じが続いているので、シュミテクトを使っているのですが、一週間経っても効果を感じません。虫歯でしょうか?」

「ん~。知覚過敏かもしれませんね。今から診察、どうですか?」

「えっ、今からですか?! 歯ブラシを持ってきていません。」

「歯ブラシなら、そこにありますので、使ってください。」

 

奥さんは、トイレ前の洗面所を手で示しました。

そこに使い捨ての歯ブラシセットがあることは、以前から知っていました。

 

「心の準備が……。」

 

そう言いつつも、せっかく声をかけてくださったので、断るのは申し訳ないと思いました。

何年も診ていただいておりませんので、いつかは診察にかからなくてはいけないとも思いました。

 

「はい。お願いします。」

「保険証は、お持ちですか?」

「あります。」

 

私はバッグから、保険証を取り出すと、奥さんに渡しました。

 

「お願いします。」

「はい。」

 

ふと思いついて、カード入れを探すと、歯科の診察券を見つけました。

 

「診察券も持ってきていますので、お願いします。」

「ありがとうございます。」

 

診察券を渡すと、奥さんは両手で受け取ってくださいました。