はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、他の地域は地震があった6日の夜に電気が復旧しています。

9月7日の朝、二人の姉から、それぞれメールがありました。

電気は昨夜、復旧したそうです。

下の姉は、母と昨日、電話をしており、大丈夫と言っていたとありました。

姉たちには、『大丈夫。停電中。』とだけ、返信しました。

 

7日の朝、携帯の電池が残りわずかでしたが、母にショートメールを2回しました。

しかし、本人に届かず、センターへ蓄積するかどうか問われましたが、蓄積しても母は見ませんので、しませんでした。

電話もしてみましたが、携帯の電源を切ってあるような気がしました。

連絡が取れないと不安ですが、姉と電話で話をしたようですので、大丈夫でしょう。

 

同僚から、市役所で充電ができるとの情報をいただきました。

でも、他の地域は、昨夜、電気が復旧したのですから、そろそろ電気がつくと思います。

家で、気長に待つことにしました。

 

6日に、裏紙に描いた『治療については主治医の判断が最優先される』ことがわかる絵をB5のコピー用紙に描き直しました。

2度目の方が、きれいですが、初めに描いた絵の方が、味があるように思いました。

これに色をつけたいのですが、お絵かきソフトもありませんので、ダイソーで色鉛筆かマジックを購入して、塗ることになるのでしょうか。

 

絵を描き直している途中で、お昼にしました。

冷凍室の食品は、すっかり融けてしまっていますが、まだ冷たいです。

シシャモを出して、ガスコンロで焼きました。

味噌汁は、多分、ワカメにしたと思います。

乾麺もありますが、冷凍食品を食べてしまわないと腐ってしまいます。

 

夕方、メールがありました。

会社からの事務連絡でした。

本当に、関係ない社員にまで、送るのは止めて欲しいです。

 

私の部屋だけ、停電しているということはないでしょうか?

心配になって、外を見ても、よくわかりません。

外は、段々と暗くなってきました。

すっかり、暗くなる前に、夕食を作りました。

 

シャケ2切れと、ジャガイモの味噌汁を作り、納豆も食べました。

魚ばかり食べているからか、何となく胃の調子が悪いです。

違う物を食べたいですが、魚を食べてしまわないと腐ります。

冷凍室に入っている食品は、かろうじて、冷たいですが、通常の冷蔵庫に入れてあるよりも温度は高めです。

 

暗くなってきましたので、ロウソクに火をつけました。

暖かな光が、テーブルの上を照らしました。

カーテンを閉めようと思い、窓へ行くと、1つの窓だけ普通に電気がついているのではないかと思うくらい明るい家がありました。

その窓は、昨日も明るかったですが、今日は、それ以上に明るいです。

私の知らないうちに、電気が復旧したのでしょうか?

しかし、他の窓は真っ暗ですし、他の家の窓も暗いままですので、まだ、停電しています。

キャンプ用のランプでも、使っているのかなと思いました。

あれだけ明るければ、本も普通に読めそうです。

 

いくら待っても、電気は来ません。

他のところは、前日の夜、普及したのですから、遅くても暗くなる前に普及すると思います。

地震の影響で、電柱が倒れてしまったとか、何か物理的な物があるのかもしれません。

そうだとすると、普及に一週間は、かかるかもしれません。

情報が欲しいと思いました。

パソコンかテレビを見ることが出来たら、少しは状況がわかります。

どうなっているのでしょう。

とても不安でした。

起きていてもすることがありませんので、寝ることにしました。

 

前日もしましたが、念のため、2ℓと1.5ℓの容器、350㎖のマグボトルに水を入れました。

断水しないとも限りませんので、飲み水の確保です。

普段、ペットボトルは購入しませんが、いただいた500mlのスポーツドリンクが2本あります。

これだけあれば、1日は持つと思いました。

 

歯を磨いて、パジャマに着替えて、携帯と眼鏡と懐中電灯を枕元に置きました。

ロウソクの灯りを消して、布団に入ったのは、夜7時すぎでした。

まだ、停電しています。

電気が来るのは、いつでしょうか?

閉めたカーテンの隙間から、道路を通っている車のライトが、部屋を明るく照らしました。

 

情報が ないと不安で 落ち着かず 電気がないと 何もわからず

 

相談で 回答ないと 落ち着かず 歯科医寄りだと 腹立ち悲し

勝手に歯を削られましたので、あちらこちらに相談しました。

何も回答が返ってこないことは、よくあります。

回答をいただいても、歯科医寄りの内容で、腹立たしく、とても悲しいです。

 


 

勝手に歯を削られたのですが、停電中に芋掘りをしました。

朝8時前に、メールがありました。

また、会社の一斉メールだと思いました。

見ると、旭川の姪からでした。

 

『こちらは、旭川にしては珍しい揺れを感じました。

電気は、昨日の夜普及しました。

とりあえず、通常通りの生活が出来ています。

そちらは、余震、大丈夫ですか?』

 

携帯の電池量が1しかありませんので、簡単に返信しました。

『大丈夫。停電中…』

 

旭川は6日に電気が来たのならば、こちらも、もうすぐ停電が解消されるはずです。

そう思うと、気分が軽くなりました。

 

電気の入っていない冷蔵庫の冷凍室から、解凍されているシャケ3切れを取り出して、ガスコンロで焼き、ジャガイモの味噌汁を作って、食べました。

ご飯は、ありませんが、それでお腹を満たしました。

ガスの火で焼いたシャケは、美味しかったです。

 

布巾を洗った後、下着とTシャツとショートパンツも手で洗いました。

洗うのはよいのですが、絞るのは大変です。

化繊の服は、絞っても滴がポタポタ落ちますので、ハンガーにかけてから、流しの上の棚に、ひっかけて干しました。

ブラは形がくずれますので、絞らずにハンガーにかけて、化繊の服の隣に干しました。

もうすぐ、電気が復旧するとは思いましたが、万が一のために洗いました。

 

窓から外を見ると、同じ棟の80代女性がいました。

私は慌てて外へ出ると、女性に声をかけました。

 

「おはようございます。」

「おはようございます。」

「お食事は、されていますか?」

「うん。あるものを食べているよ。」

「非常時ですので、畑にある物を食べても構いませんので、勝手に取ってくださいね。あまり、ありませんけれども。」

「いいの? どれ貰っていいの?」

「何か食べたい物がありますか?」

「イモ、もう掘ってもいいんじゃない。」

「イモですね。そろそろ掘らないといけないなぁと思いながら、掘ろうとすると雨が降りましたので、そのままにしてありました。」

 

女性が、イモを掘り始めました。

ジャガイモの茎を引っ張って、その部分の土を掘ると、小さなジャガイモが出てきました。

私は、Tシャツとキュロットスカートに、スニーカー姿でした。

 

「この格好では、何なので着替えてきます。」

 

部屋に戻って、長そでシャツにジーンズを履いて帽子を被り、袋と手袋、長靴を持って部屋を出ました。

物置から、大小2個のスコップを出して、畑へ向かいました。

一緒に、イモ掘りをしようと思っていたのですが、私が畑へ着く前に、女性は、何故か部屋へ戻ってしまいました。

 

畑には、女性が掘ったと思われるジャガイモがありました。

まだ、掘っていないところがありますので、スコップを使いながら、イモ掘りをしました。

大体、掘ったところで、女性が窓を開けて、こちらを見ていることに気がつきました。

私は、ビニール袋に、中くらいのジャガイモを20個入れて、女性に渡しました。

 

「小さいのばかりで、申し訳ありませんが、貰ってください。」

「いいの? こんなに貰ったらなくなってしまうよ。」

「まだありますから、大丈夫です。大きいのは、畑を借りていますので、Sさんにあげます。」

「Sさん?」

「はい。」

「ありがとう。」

「どういたしまして。」

 

私がイモ掘りに戻ると、女性は窓を閉めました。

全て掘ってから、もう一度、大きなスコップで掘ってみると、イモが出てくることもありました。

丹念にイモを掘り、土を落として、袋にいれました。

 

部屋に戻ってから、玄関に新聞紙を広げて、イモを干しました。

小指ほどのもありますが、大きなのを10個選んで袋に入れました。

メモと一緒に、Sさんのドアノブにかけてきました。

 

『〇号室の〇〇です。

お食事は、されていますか?

停電は、困りますね。

お借りしていた畑で採れたジャガイモです。

少なくて、申し訳ありませんが、貰ってください。』

 

残ったジャガイモは、丸一日、干してから、紙袋に入れました。

安売りならば、一袋150円くらいで、購入できそうな量しか残りませんでした。

種イモ代わりに、スーパーで購入したのは、500円くらいだと思います。

収穫したジャガイモは、それよりも大分小さいですので、600円くらいで購入できると思います。

楽しめましたので、収穫は二の次です。

 

イモ掘りは 宝さがしと 似ているね たどり着くまで ワクワクするよ

 

我が街の ヤブ歯科医師は 犯罪者 勝手に削り 傷害負わす

 


 

勝手に歯を削られたですが、停電で玄米が炊けず小鳥の餌にしました。

寝ている間に、揺れたような気がして、目が覚めました。

室内は真っ暗で、揺れたかどうかは、わかりませんでした。

ベッドに横になりながらも、電気がつくのをずっと待っています。

眠りにつくと、また、揺れたような気がして、目が覚めるのを何度か繰り返しました。

 

カーテンからの光で、外が明るくなっていることに気がつきました。

時計を見ると、4時半くらいでした。

起きて、カーテンを開けました。

外は、何も変わりありません。

2018年9月6日の午前3時すぎ、地震の影響で停電になりましたが、まだ、停電しています。

 

7日は、仕事が休みの日でした。

休みでも、停電中ですので、何もすることがありません。

身支度をしてから、電気炊飯器に入っている玄米が気になって中を見ました。

勿論、炊けている訳はありません。

白米ならば、ガスが使えますので、炊いてみるのですが、玄米は普通の鍋で炊けるのかどうかわかりませんでしたので、そのままにしておきました。

何となく、酸っぱい臭いがしました。

5日の夜、玄米を研いで炊飯器にセットしましたので、1日半経っています。

玄米だけではなく、すりごまも入れていますから、暑いですので腐ったのでしょう。

ザルにあけてから、どうするか思案しました。

さすがに食べようとは思いません。

しかし、ゴミにするのは、もったいない気がします。

鳥が、玄米を食べるのではないでしょうか?

撒いて、鳥のエサにすることにしました。

草取りをした時に、草を捨てている場所へ捨てました。

鳥が食べるかどうかはわかりませんが、捨てても臭うことはないと思います。

万が一、支障があるようでしたら、後で片づけようと思いました。

小鳥が、食べてくれるといいなぁと思いました。

 

冷凍室の食べ物は、まだ凍っていますが、柔らかくなっていました。

冷凍室から蒸し鶏とたらこを出し、ジャガイモのバター炒めを作りました。

バターも融けていますので、いつもより、たくさん使いました。

たらこもたくさん使いましたので、味付けしなくても、しょっぱいくらいでした。

コンロでお湯を沸かして、味噌汁のお椀にワカメとみそを入れて、味噌汁を作りました。

 

朝食を食べて、食器を洗ってしまうと、何もすることがありません。

片手鍋でお湯を沸かして、インスタントコーヒーを飲みました。

早く電気が来て欲しいと思いました。

 

停電は 食品傷む 保存不可 玄米鳥が 食べてくれたか

 

現在も 削られた歯が 痛くてね ヤブを怨んで このまま死ねず

 


 

勝手に歯を削られたのですが、停電中はすることがないので早寝しました。

電気が使えないと、本当に何もすることがありません。

手話の勉強も、絵を描くのにも飽きてきました。

まだ、早いですが、寝ようかと思っていると、またメールがありました。

今度こそ、知り合いかと思って、慌てて見ると、会社の一斉メールでした。

 

『(〇〇長等あて)』

 

携帯をぶん投げたくなりました。

停電前から、私の携帯は電池が1しかないので、身内にも連絡できずにいます。

関係ない人にメールしないで、直接、連絡しなよ! と、腹が立ちました。

 

歯を磨き、パジャマに着替えて、ロウソクを消してから、布団に入ったのは、午後7時過ぎでした。

全く眠くありませんが、起きていても仕方がないので、明日、早く起きればいいくらいに思っていました。

枕元に、懐中電灯と眼鏡と携帯を置いて、電気が早く着かないかなと思いながら寝ていると、携帯にメールが来ました、

まさか、会社の一斉メールではないよね? と思いながら見ると、予想どうりでした。

現在、会社へ残っている人宛のメールでした。

6日は、会社からの一斉メールが11通来ました。

あきれて、怒る気にもなりませんでした。

 

早寝して 電気が来るの 待ちわびて 車のライト 窓照らし出す

 

早急に ヤブ歯消えるの 待ちわびて 相談するが 梨のつぶてだ

 


 

勝手に歯を削られたのですが、停電中にロウソクの灯りで絵を描きました。

ロウソクの灯りで、手話の勉強をしましたが、続けていると飽きてきます。

絵を描いて遊びました。

何を描いたかと申しますと、勝手に歯を削られたことで、北海道歯科医師会へ相談したところ、考えられないご回答をいただきました。

 

『治療については、主治医の判断が最優先されます。』

 

それが当たり前ならば、それを知らない方がおられると思いますので、ポスター等でのお知らせや、北海道歯科医師会のHPに載せていただきたいとお願いしましたところ、とんちんかんな回答をいただきました。

 

『HPに、通常の歯科治療の際においての同意書を求める内容の掲載は、予定していない。』

 

私は、同意書を取ってから、治療をお願いしましたが、同意書のことをHPに載せていただきたいとお願いしておりません。

単に逃げるため、無理やりこじつけをして、回答をされたような気がしました。

 

北海道歯科医師会で、ポスターを作ってくれないのならば、私が作って広めてやる! と思ったのです。

でも、私は絵心が全くありません。

どうやって描けばよいのかもわかりませんでした。

停電になって、何もすることがありませんので、時間はたっぷりあります。

裏紙に描いてみたところ、意外と上手く描けました。

 

目の前には、ロウソクがありました。

それも描いてみようと思いました。

今度は、B5のコピー用紙に描いてみました。

これも意外と上手く描けました。

 

この記事を書くために、絵も一緒に載せようと思いまして、スキャンしてみたのですが、シャープペンシルで描きましたので、薄すぎで無理でした。

今、改めて見ますと、小学3年生の絵の方が、上手だと思いました。

絵が薄くて、よかったです。

危ないところでした。

機会がありましたら、公開したいと思います。

 

停電時 描いた絵上手く 描けていた 光の下で その絵は変化

 

削られる 前まで上手く お付き合い 症状言うと 歯科医豹変

 

勝手に歯を削られる前は、その歯科で営業をさせていただいておりました。

他の方にして欲しくありませんでしたので、お伝えしたところ指差しして激怒されました。

その後は、その歯科へ営業にも行っておりません。

他の歯科へも怖くて、行けずにいます。

 


 

勝手に歯を削られたのですが、地震で停電になってしまいロウソクを灯しました。

早い夕食を終えて、汚れた茶碗を洗ってしまうと、何もすることがありません。

ガスコンロに鍋をかけて、コーヒーカップ分のお湯を沸かし、インスタントコーヒーを入れました。

いつもは、電気ケトルでお湯を沸かしています。

ヤカンもありますが、コーヒーの分だけですので、洗ったばかりの片手鍋を使いました。

 

レースのカーテンをしたままですと暗いので、開けました。

日が落ちてきても、カーテンを開けると室内が少し明るくなりました。

外を見ても、いつもと変わりありません。

目の前の畑を見ながら、食料を得る方法を考えました。

畑には、あまり野菜がありませんが、少しはありますので、停電が続くときは、それを食べようと思いました。

 

夕食のデザートに、ミカンの缶詰を食べました。

缶を軽く洗って、準備しておいたロウソクにライターで火をつけて、缶の中にロウを垂らして、ろうそくを立てました。

熱でテーブルがおかしくならないために、缶の下に小皿を置きました。

その明かりで、コーヒーを飲みながら手話の勉強を続けました。

ロウソクは直径17㎜ので、結構明るいです。

本の文字も読めますが、電気と同じという訳にはいきません。

本を開くと、紙を綴じている部分に影を作っていました。

なるべく影を作らないように、灯りのそばで本を開けばよいのですが、本1冊と辞書を2冊使いましたので、どうしても影ができてしまいます。

 

外が暗くなりましたので、カーテンを閉めに行きました。

窓から外を見ると、車のライトがとても明るく見えました。

信号も止まっているはずなのに、車で移動する方がおられるようです。

近所の家の一つの窓だけ、明るくなっていました。

一瞬、停電は私の部屋だけなのかと思いましたが、他の家は暗いままです。

その家は、強力な懐中電灯をお持ちなのかもしれません。

カーテンを開けたままのようで、部屋の奥が明るく感じました。

 

情報を得たいですが、停電のため、テレビもパソコンも使えません。

携帯の画面の上に、ニュースが流れます。

それを見たいと思いながらも、電池の消耗が怖くて見ることが出来ません。

電池残量1しかありませんので、通電するまで持つしかありません。

また、メールがありました。

まさかと思いながら見ると、会社からの一斉メールでした。

停電中のため、安否確認システムを使っていることのお詫びがありました。

担当者のメールアドレスがわからないので、全社員へ送っているようです。

仕方がないのかもしれませんが、本当に止めていただきたいと思いました。

電池が減ります!

電気が来たら、会社からのメールは、携帯で受けるのは止めようと思いました。

 

社のメール 安否確認 だけのはず 業務連絡 皆に送るな!

 

私の歯 しみるのを診る だけのはず 勝手に削り 怒鳴るはヤブだ!

 


 

勝手に歯を削られたのですが、停電だとすることがなくて困ります。

することがないので、トイレ掃除をしました。

トイレには窓がないため、汚れは見えませんが、いつものようにしました。

台所も、軽く掃除しました。

観葉植物を移した時に、余った土をビニールに入れたまま置いてあったのを思い出して片づけました。

部屋の掃除をしたかったのですが、掃除機は使えませんので、目についたゴミだけ拾いました。

 

図書館から借りていた本を読みました。

予約が入っていた本は、読むとすぐに返していますので、借りている本は1冊しかありません。

面白い本だと、一気に読んでしましますが、あんまりおもしろい本ではなかったので、ゆっくり読めました。

それを読んでしまうと、本当にすることがありません。

 

そのため、手話の勉強をすることにしました。

手話の本はたくさん購入してあるのですが、購入しただけで満足してしまいます。

この機会に勉強しました。

でも、集中できません。

電気がきているのではないかと思って、火災警報器のランプがついていないか、何度も見ました。

こんなに、天井についている火災警報器を気にしたのは初めてです。

 

段々と暗くなってきました。

電気は、つきそうにありません。

暗くなる前に、懐中電灯と電池、蝋燭とライターを準備しました。

テレビ等のリモコンの電池も懐中電灯に使えることを確認しました。

蝋燭は何年も前に、キャンドルライトとして、癒しのために使っていた余りです。

使わなくなっても、万が一の時のために、と思って置いてありました。

 

暗くなる前に、夕食を作りました。

多分、冷凍室にあった蒸し鶏とジャガイモのバター炒めと納豆と味噌汁を食べたと思います。

停電から12時間以上経ちましたが、冷蔵庫の麦茶は冷たいままで、冷凍室の物も凍っていました。

 

ジャガイモの皮ですが、いつも生ゴミは冷凍して、生ゴミの日まで保存しております。

停電しておりますので、そのままにしおくと悪臭を放ちます。

24時間以内に、通電するとは思いますが、万が一のことを考え、ブラスチックカゴの中に紙を敷いて、その上に干しました。

皮は乾いてくると、簡単に折れますので、1㎝くらいに小さくして、後日、畑にまきました。

冷凍室に入れてあった魚の骨と梅干しの種も、出して干しました。

停電が長引いた時は、砕いてから草畑へ捨てようと思ったのですが、しないで済みました。

 

携帯の緑色のランプが点滅しています。

メールが届いたのでしょう。

知り合いが連絡してきたのだと思って、慌てて見ますが、会社からの一斉メールで、また業務連絡でした。

私には無関係の内容に、携帯をぶん投げてしまいたかったです。

受信拒否したかったのですが、その操作にも電池が減ると思うと出来ませんでした。

スクロールせずに1画面だけを見て、携帯を閉じました。

 

現在は 電気がないと なりたたず 何もできない 生死かかわる

 

歯科行って 食事が取れず 水飲めず そうなってから われ怖さ知る